ここから本文です

IS家族を「強制移住」=国際NGOが非難―イラク

7/13(木) 20:05配信

時事通信

 【カイロ時事】国際人権団体ヒューマン・ライツ・ウオッチ(HRW)は13日、過激派組織「イスラム国」(IS)の支配から解放されたイラク北部モスルで、ISメンバーと疑われる人物の家族が近郊のキャンプに強制移住させられているとする報告書を公表した。

 「親族の行為で家族全体を罰してはならない。ISから奪還した地域での和解の努力を妨害し、戦争犯罪に当たる」と非難している。

 HRWによると、イラク治安部隊は「心理的、思想的なリハビリを受けさせる」ため、少なくとも170家族をモスル東方のキャンプに強制的に移送したという。HRW担当者は「何の罪もない子供らの拘束施設となっている」と指摘した。 

最終更新:7/13(木) 20:09
時事通信