ここから本文です

「報知の撮っておき」松坂慶子、20歳直前セーラー服

7/13(木) 14:01配信

スポーツ報知

 鏡にほほ笑むのは女優・松坂慶子(64)で、1972(昭和47)年7月撮影のセーラー服姿。ハタチの誕生日直前ということで、制服は自前ではない。

 NHK銀河テレビ小説(夜の帯ドラマ)「若い人」撮影中の記事写真で、テレビで初の大役となるヒロインの女学生役。この時は放送前だが「残り少ない10代に『若い人』に出られてよかった」と喜んだ今作を経て、スターへの階段を上り始めた。

 当時、若い頃の岡田茉莉子そっくりと言われた。年譜でいうと、宇宙細菌とウルトラセブンが体に入り込む少女を演じたのは4年前で、妖艶に「愛の水中花」を歌うのは7年後、映画「蒲田行進曲」の小夏役は、さらにその3年後となる。

 写真と同紙面のトップ記事は「『史上最大の作戦』がNET(現テレ朝)日曜洋画劇場でテレビ初放送!」。そう、何昔か前は各局各曜の洋画系番組が華やかで、大作初放送は一大イベントだった。ビデオレンタル普及前の話。日曜洋画劇場は今春、静かに51年の歴史に幕を下ろしていたようだ。

最終更新:7/13(木) 14:05
スポーツ報知