ここから本文です

GM、日本市場攻略へ新型SUV=米国車の魅力アピール

7/13(木) 21:00配信

時事通信

 米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)の日本法人、ゼネラルモーターズ・ジャパンは13日、新型のスポーツ用多目的車(SUV)「XT5クロスオーバー」(総排気量3649CC)を10月28日から販売すると発表した。高級車「キャデラック」のSUVの人気車種投入で、苦戦が続く日本市場をてこ入れする。

 XT5は、これまでより車体を軽くし燃費性能を10%高めた。価格は668万5200円から。

 GMジャパンは、米国車のクーペを象徴する「シボレーカマロ」の6代目モデルも11月に発売する。2016年の日本での販売はキャデラックが635台、シボレーが593台にとどまるが、SUVとクーペの人気車種で米国車の魅力をアピールしていく。

 若松格社長は13日、「むやみに販売台数を追うのでなく、質の高い特別な車をお届けする」と強調した。 

最終更新:7/13(木) 22:28
時事通信