ここから本文です

潰滝が代表確実に=世界陸上

7/13(木) 21:27配信

時事通信

 陸上のホクレン・ディスタンスチャレンジ網走大会は13日、北海道網走市営陸上競技場で行われ、男子3000メートル障害で日本選手権覇者の潰滝大記(富士通)が世界選手権(8月、ロンドン)参加標準記録を突破する8分29秒05で1位となり、代表入りを確実にした。

 男子1万メートルの大迫傑(ナイキ・オレゴン・プロジェクト)は27分46秒64で参加標準記録(27分45秒00)に届かなかった。 

最終更新:7/13(木) 21:34
時事通信