ここから本文です

【和歌山】箕島、プロ注目右腕・中川虎大が自己最速タイ147キロ締めで初戦突破

7/13(木) 17:05配信

スポーツ報知

◆全国高校野球選手権和歌山大会 ▽1回戦 箕島4―2和歌山高専(13日・紀三井寺)

 和歌山大会が開幕し、開会式直後の試合で昨夏準Vの箕島が、同ベスト8の和歌山高専の反撃を振り切り、4―2で初戦を突破した。

 箕島は先発した背番号1の右腕・岩沢幹太(3年)が8回無失点の好投。4―0で迎えた9回、背番号10の主将でプロ注目右腕の中川虎大(こお、3年)が登板し、2失点したが、自己最速タイの147キロをマーク。プロ5球団のスカウトも見つめるなか、実力の片りんを見せた。チームは13年以来、4年ぶりの夏甲子園を目指す。

最終更新:7/13(木) 23:11
スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/25(火) 12:00