ここから本文です

【大阪】大阪桐蔭、史上初2度目春夏連覇へコールド発進

7/13(木) 19:23配信

スポーツ報知

◆全国高校野球選手権大阪大会▽1回戦 大阪桐蔭13-1大手前(13日・万博)

 今春のセンバツを制した大阪桐蔭が、高校野球史上初となる2度目の春夏連覇へ向け、5回コールド勝ちで初戦を突破した。

 試合は初回、1死満塁で5番・山田健太三塁手(2年)が中前への2点タイムリーを放ち先制すると、勢いづいたチームは3回までに13得点と爆発。山田は3安打5打点と打線をけん引、2月に左手有鉤骨(ゆうこうこつ)を骨折し、センバツでは記録員を務めた正捕手・岩本久重(3年)も2安打2打点をあげた。

 順調なスタートを切ったが、西谷浩一監督(47)は「たくさん課題が出てきたので、それをどう次に修正するか」と慢心はなし。山田も「まずはこの大阪を勝ち抜かないと」と表情を引き締めた。

最終更新:7/13(木) 19:23
スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/22(土) 9:30