ここから本文です

【新馬戦出走馬】シルバーステートの全弟、ヘンリーバローズが16日中京5Rでデビュー

7/14(金) 6:03配信

スポーツ報知

 今週は注目の新馬が各地でデビューする。16日の中京5R(芝2000メートル)には、ディープインパクト産駒のヘンリーバローズ(牡、栗東・角居厩舎)がスタンバイ。4連勝でオープン入りしたシルバーステートが全兄で、10日のセレクトセールで1歳の全弟に2億6000万円(税抜き)の値がついた評判の血統馬だ。

 逸材の予感が漂う。ディープインパクト産駒ヘンリーバローズは、大器と評判のシルバーステートを全兄に持つ良血馬。先月9日に入厩以来、雄大な馬格と力強い動きが目をひいている。

 先週、今週と栗東・CWコースでの3頭併せで年長馬たちを圧倒した。「今週はジョッキー(川田)に感触をつかんでもらった。瞬発力、スピードは申し分ないです」と前川助手は高く評価。「パワーがありそう。まだ幼い面はあるけど、能力で押し切ってくれれば」と期待十分だ。

 現2歳世代初の芝2000メートル戦。友道厩舎×金子真人HDのディープインパクト産駒と、日本ダービー馬マカヒキのラインを受け継ぐワグネリアンや、トーセンラーやスピルバーグのG1馬が叔父にいる池江厩舎のスヴァルナもスタンバイする素質馬ぞろいの一戦で、来春への第一歩を踏み出す。(山本 武志)

最終更新:7/14(金) 10:17
スポーツ報知

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ