ここから本文です

【山梨】吉田、帝京三を撃破!エース加藤が3失点完投「なんとか勝てました」

7/14(金) 8:04配信

スポーツ報知

◆全国高校野球選手権山梨大会 ▽2回戦 吉田7―3帝京三(13日・山日YBS)

 2回戦5試合が行われ、吉田が第2シードの帝京三を7―3で下した。エース左腕・加藤大貴(3年)が9回6安打3奪三振と粘投し、打線も計10安打。攻守がかみ合い、強力打線を誇る強豪私学に競り勝った。

 最後まで隙は見せなかった。4点をリードした9回2死一、二塁。吉田・加藤がマウンドに迎えたのは帝京三の1番・東小橋川(ありこばしがわ)大。自らのもとに転がってきた打球を冷静にさばき、左手で一塁の三浦有暉(あるき)主将へ。三浦有が捕球したのを確認すると、ようやく笑みをこぼした。「苦しい試合でしたが、なんとか勝てました」。強豪私学からもぎ取った白星を喜んだ。

 打ち勝つ野球がモットーの帝京三打線に対し、最速131キロの直球で立ち向かった。「変化球主体にフライを打たせようと決めていた」とプランを立てていたが、試合前のブルペンで予想以上に直球の伸びがよかったため、急きょ直球主体の投球に組み替えた。女房役の2年生捕手の渡辺翔生は「最後まで丁寧に、勢いよく投げてくれたので気持ち良かった」。9回1死から本塁打を浴びた時はすかさず加藤に駆け寄り、声をかけるなど、選手全員が集中力を切らさなかった。

 苦い思い出がある。今春の県大会3回戦で駿台甲府と対戦し、初回に5点を先制しながら8―9で逆転負けした。「あの経験があるから、試合終了まで全力でいけた」と加藤。この日も5―2で迎えた7回1死一、三塁から三浦有が「日常から練習を重ねていた」というスクイズを決め、1点を追加。貪欲に勝利を追い求めた。三浦有は「今日は全員が得意分野で頑張ることができた。一丸の結果です」と語った。チームのテーマ「一丸」を体現できたことに胸を張った。

 17日の次戦の相手は上野原。1989年以来遠ざかる聖地へ、古豪の挑戦は続く。(大津 紀子)

最終更新:7/14(金) 9:20
スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/26(水) 23:45