ここから本文です

【阪神】ドリス、球児超え日本新46S狙う…金村義明氏と対談

7/14(金) 11:03配信

スポーツ報知

 阪神のラファエル・ドリス投手(29)が金村義明氏(53)=スポーツ報知評論家=と対談し、シーズン46セーブのプロ野球記録更新に意欲を見せた。後半戦もセーブを積み上げ、日本一に貢献することを約束。昨オフに右肘を手術したにもかかわらず、再契約を進言してくれた金本監督、球団への恩返しを誓った。

【写真】中日に勝利し、笑顔をみせるメッセンジャー(右)

 金村(以下金)「それにしてもゴツい手やね。フォークがすごい。ナイスフォークね!」

 ドリス(以下ド)「ありがとうございます」

 金「前半戦を終えて、23セーブの活躍だけど、ここまではどう?」

 ド「チームに貢献できているので、とても満足しています。体の手入れやウェートもしっかり続けて、パフォーマンスを保てるようにしていきたいですね」

 金「正直、キャンプで見た時は去年手術もしていたし【注1】、どうかなと思っていた。よく似た人も3人【注2】おったからなあ(笑い)。手応えはどうだったの?」

 ド「まさか今年も契約してもらえるとは思っていなかった。手術もありましたしね。でもチャンスをもらえたので、これを絶対に生かしたかった。4月はちょっと痛みもあったりしましたけど、うまくここまで来られましたね」

 金「4月は月間10セーブと獅子奮迅の活躍だったね。今のペースなら藤川の持つ日本記録(46セーブ)も狙えるんじゃない?」

 ド「球児さんともその話をしたことはあるんです。展開次第ですけど、狙ってみたい数字ではありますね」

 金「球児はカブス(米大リーグ)でも同僚やったみたいやけど、今でもドリスにとって師匠なの?」

 ド「球児さんは日本でも米国でも経験を積んでいるすごい選手。何かあれば相談するようにしています。いつも『自信を持っていけ』とブルペンから送り出してくれるので、すごく感謝しています」

 金「今年の救援陣はみんなですごい成績を残しているけど、出番までは何をしている?」

 ド「6回ぐらいまでは、みんなでしゃべっていることが多いですね。7回から対戦する打者が分かってくる。どういう球を投げたら抑えられるかを考えていますね」

 金「真面目やねえ。色々な外国人を見てきたけど、日本でチームメートとなじめない人は、どれだけ実績があっても、成績を残せない人が多かった」

 ド「チームとは家族のような存在。まず家族が自分に適応していくことが、一番大事だと思っています。家族がよりよく過ごせなければ、自分もよく過ごせないですから」

 金「来日2年目だけど、日本の食事はどう? 納豆とかは?」

 ド「アカン(日本語)」

 金「ハハハ」

 ド「でも日本の食事は大好きです。ラーメン、チャーハンも食べますし、牛丼も好きです。ウナギも食べますね」

 金「うわさによると、そんなに給料もらってないよね(推定年俸5000万円)。超優良助っ人やんか。この活躍が続けば、えらい金額になるで!」

日本一になりたい! ド「お金のことは考えていません(笑い)。でも、自分の仕事をやり続けていけば、自然にお金もついてくると思います。とにかく今は日本でチャンピオンになりたいという思いです。カブスの時にいいところまでいきましたけど、最後届かなかったので。日本一になりたいですね」

 【注1】昨季10月に右肘を手術し、一度は自由契約に。しかし順調に回復したことで今年2月のキャンプに参加し、再契約を勝ち取った。

 【注2】ドミニカ出身のドリス、マテオ、今季新加入のメンデスは、3人ともドレッドヘア。

 【注3】4月に挙げた月間10セーブは藤川、呉昇桓に並ぶ球団最多タイ記録。

 【注4】05年岩瀬(中日)、07年藤川(阪神)が挙げた年間最多セーブ記録。

 ◆ラファエル・ドリス(Rafael Dolis)1988年1月10日、ドミニカ共和国生まれ。29歳。2006年にカブスと契約し、11年9月26日にメジャー初登板。メジャー通算40試合で2勝4敗4セーブ、防御率5・48。16年に阪神入り。34試合3勝3敗8セーブ、防御率2・12も、10月に右肘を手術して自由契約に。今季2月に再契約され、抑えとしてここまでリーグ2位の23セーブを挙げている。193センチ、98キロ。右投右打。

最終更新:7/14(金) 11:50
スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/22(土) 11:30