ここから本文です

奥田民生、オリラジ藤森のダンス絶賛「PERFECT HUMANより良い」

7/13(木) 19:14配信

オリコン

 ミュージシャンの奥田民生が13日、都内で行われたディズニー/ピクサーの人気シリーズ最新作『カーズ/クロスロード』(7月15日公開)の公開記念マックイーン応援フェスに出席。同作の日本版エンドソング「エンジン」を手がけた奥田は、同曲をサプライズで生披露し、集まった観客をどよめきと歓声で包んだ。

【写真】楽しそう!出演者で自撮りに挑戦

 イベントには、同作で吹き替え声優を務めた女優の松岡茉優、お笑いコンビ・オリエンタルラジオの藤森慎吾、お笑いタレントの山口智充が出席。

 山口は「感動しました。ルート66とか行って突っ走りたいですね」と奥田のモノマネを交えて絶賛。大ファンだと言う藤森は「最高のライブでした。カッコよすぎました」と興奮冷めらやらぬ様子で奥田愛を熱弁。

 同曲の初生披露となった奥田は「終わって良かったです」とあっさり。曲に込めた思いを聞かれると「迷惑かからないように、まったく見当違いの曲にはならないように」と奥田節全開で笑いを誘った。

 イベントではライブ前に藤森率いる「ストーム・ダンサーズ」、松岡率いる「ガムシャラ応援団」が応援合戦を行い、藤森は女性ダンサーに囲まれながら「PERFECT HUMAN」を彷彿とさせるキレキレダンスを披露。

 会場の横で見ていたという奥田からは、「PERFECT HUMANより良いじゃないですか。周り女子で」と絶賛されると、藤森は「いつもPERFECT HUMANだと一番目立つところ持ってかれちゃうから、僕もこの方が目立てるから良いですね」と満足げな表情を浮かべていた。

 同作は自動車たちの世界を舞台に、スポーツカーのライトニング・マックィーンの活躍を描いた人気シリーズの第3弾。最新型のマシーンに勝てなくなった上に、事故でクラッシュしてしまい、人生の岐路=クロスロードに立たされたマックィーンが、引退を考えて苦悩する姿を描く。

最終更新:7/14(金) 15:00
オリコン