ここから本文です

堂本光一、KinKiバック時代の相葉&二宮「覚えてない」

7/14(金) 9:03配信

スポーツ報知

 13日に放送されたフジテレビ系バラエティー番組「VS嵐 豪華2時間SP」(木曜・後7時)のトランプの「ババ抜き」をするコーナーに、人気デュオ「KinKi Kids」の堂本光一(38)がゲスト出演。後輩である嵐がKinKiのバックダンサーをつとめていたジャニーズJr.時代について「覚えてない」と告白した。

 嵐の相葉雅紀(34)、二宮和也(34)とテーブルを囲んだ堂本は2人に「バックについてたとかはある?」と質問。すると相葉は食い気味に「バックついてましたよ!」と返し、二宮も「何万回あいさつしてるか!」と口をとがらせて不満げな表情を見せた。

 続けて堂本が「この曲で踊ってたとかあるの?」とたずねると、「めちゃめちゃあるよね」(相葉)、「『Kissから始まるミステリー』でしょ。そっからずっと踊ってますよ」(二宮)、「(相葉&二宮で)シンメで踊ってきたんですよずっと」(相葉)、「『ほんまにたよりにしてまっせ』ですよ」(二宮)、「おっさん!おっさん!おっさん!おっさんですよ」(相葉)と、KinKiが歌ってきた曲名を出すなどしてアピール。二宮は「僕はKinKiさんがデビューしますって言った豊川稲荷(のイベントで演出のスモークを)、あおいでましたから」と、レアな思い出も持ち出した。

 さらに相葉は、堂本の衣装チェンジの手伝いをしていたときのこととして、「うまく(衣装が)入んなくて、ああ~って押し込みながら謝りに行くと、優しくしてくれましたよ。『いいよいいよ。次頑張ってね』みたいな」と、具体的な会話も交えてエピソードを伝えたが、堂本は「ほんと?それすら覚えてない」とバッサリ。二宮は思わず「どれか1個は覚えててほしいよ。『あの時の君か!』がほしいのよ」と嘆き節。テーブルに崩れ落ちるように落胆していた。

最終更新:7/14(金) 9:03
スポーツ報知