ここから本文です

奥田民生、「エンジン」の生歌を初めて一般に披露 「終わってよかったです」

7/13(木) 20:11配信

サンケイスポーツ

 シンガーソングライターの奥田民生(52)が13日、東京都内で行われた映画「カーズ/クロスロード」(15日公開)の公開記念イベントに出席し、担当した日本版エンドソング「エンジン」の生歌を初めて一般に披露。演奏後、「終わってよかったです」と笑いを取った。サプライズでの演奏に観客からは大きな歓声が上がった。

 同作品はレーシングカー「マックィーン」が主人公の大ヒットアニメ映画シリーズの第3弾。曲に込めた思いついて奥田は、「迷惑がかからないように。まったく見当違いの曲を作らないぞ、という心意気で」とジョークを飛ばした。

 すぐに同席した主人公の大親友「メーター」役のお笑いタレント、山口智充(48)から、「そんなことにはならないでしょ」と突っ込まれると、奥田は「ちょっと予告編みたいなのを見て、イメージがわきました」とひょうひょうと話した。

 曲を聴いた山口は「ルート66とかに行って突っ走りたいですね。すぐにサビを覚えました」と話すと、すぐに「オゥ山を越え~て~」とアレンジを加えて歌い、べた褒めした。

 マックィーンをサポートする「クルーズ」役で女優の松岡茉優(22)、主人公の前に立ちはだかる「ストーム」役でオリエンタルラジオの藤森慎吾(34)も同席。

 「マックィーンの応援のため全員集結ですね」と司会から水を向けられると、山口は「誰一人メーターを応援してくれていない」と一瞬しょげるが、客席から子供の応援する声が聞こえると、「ありがとうございます!」と一転して感激した面持ちになった。