ここから本文です

ご存じない? FXで儲かる人の3つの習慣

7/13(木) 17:35配信

投信1

株よりも勝ちにくいと言われているFXの世界に成功者はいるのでしょうか?  巷のイメージのように、空いた時間にパパッとトレードしてウン万円儲けましたということではありませんが、勝ち続けているトレーダーは存在します。

では、FXで儲けている人=勝ち組FXトレーダーとはどんな人なのでしょうか。彼らの習慣を探ってみると、「損切りの徹底」、「資金管理」、「待つ」という3つの共通点が存在しているようです。

1. 損切りの徹底

大成功を収めたトレーダーから兼業でそこそこ勝っているトレーダーまで、共通して指摘するのは損切りの重要性です。どんなベテラントレーダーであっても、相場を相手にするからには予想が外れることもあります。そんな時に、それ以上の火傷を負わないよう身を守るのが損切りなのです。

しかし、損切りは自分の失敗を認めることと同じなので、心理的ハードルが思いのほか高く、初心者トレーダーにはなかなか踏ん切りがつかないものです。ルール通りの損切りができるようになれば、中級トレーダーの仲間入りと言えるでしょう。

2. 資金管理

世間では「どんな方法で儲けたのか」という部分に光が当たりがちですが、実は手法は人それぞれに相性があるもの。Aさんに合ったトレード手法でも、Bさんには合わないということもよくあります。

勝ち組トレーダーが手法と同じくらい大切にしているのが「資金管理」。一般的にはリスク管理とも言われますが、勝ち組トレーダーの多くは資金管理に基づいてトレードを行っています。その管理の方法も人によりけりですが、1トレード当りの損失許容額を考えながらトレードしている場合がほとんどです。

ベテラントレーダーでも連敗が発生するものですが、連敗で資金が破綻してしまっては元も子もありません。特に、勝ち組トレーダーになればなるほど1回当りのトレード金額が多くなるため、連敗で再起不能になるような負けは許容できなくなります。

そのため、資金管理という非常に地味な部分=防御の部分も、当然のように日常的に行っているのが勝ち組トレーダーと言えるでしょう。

1/2ページ

最終更新:7/13(木) 17:35
投信1