ここから本文です

脱原発デモのカンパ170万円着服 北海道庁前255回 次回は中止、説明会に

7/13(木) 17:16配信

北海道新聞

反原発連合の30代男性スタッフ

 毎週金曜夕に札幌市中央区の北海道庁前で脱原発デモを行っている任意団体「北海道反原発連合」の30代の男性スタッフが、デモ参加者から募ったカンパ(寄付金)を着服していたことが13日、分かった。金額は2年半で約170万円に上るとみられる。同連合は5年間毎週続けた道庁前デモについて、次回の14日以降、自粛する。

<動画>たたら製鉄若手が挑戦 新日鉄住金室蘭製鉄所

 道内有志による同連合は東京電力福島第1原発事故翌年の2012年7月、道庁前で初めてデモを実施し約800人を集めた。その後も毎週金曜日に数十~数百人規模でデモを行い、今月7日で255回を数えた。同連合は活動資金を確保するため、デモでカンパを募っている。毎回1、2万円程度が集まり、管理を担当するスタッフが毎回デモ後に郵便局の口座に入金することになっていた。

14日は参加者に経緯を説明

 同連合によると、着服した男性スタッフは15年1月から担当。その直後からカンパの入金が途絶えた。不審に思った同連合側が男性スタッフにただしたところ、着服の事実を認め、金額が「170万円ぐらいになる」と説明しているという。使い道などは不明。

 同連合は弁護士と今後の対応を協議する。次回のデモは14日午後6時半からの予定だったが、デモは行わず、参加者に経緯を説明する。

北海道新聞

最終更新:7/13(木) 17:16
北海道新聞