ここから本文です

ゾウ、トラ、サイ… 消える動物園の“主役” 取引制限や高騰で止まらない減少

7/13(木) 6:02配信

上毛新聞

 群馬県内の動物園で動物の高齢化が進行している。全国の施設でもゾウやトラなどが高齢化し、減少に歯止めがかからない。野生動物の取引制限や価格の高騰などで新たな動物の確保が難しくなる中、動物園同士で連携して赤ちゃんの誕生を目指す取り組みも広がっている。

◎つがいで飼育必要 改修費や維持費などネック

 桐生が岡動物園(桐生市)では4月、アジアゾウ「イズミ」がメスでは国内最高齢の推定61歳で死んだ。タイで生まれ、約53年間飼育された園の人気者だった。市内の主婦(25)は「小さい頃から見ていたアイドルだった」と残念がった。

 市民からはイズミに代わるゾウに期待する声も上がるが、新たに飼うには難しい制約がある。アジアゾウは輸出入を規制するワシントン条約で絶滅危惧種に指定され、繁殖を前提にオスとメスのペアでの飼育が求められるからだ。

 来年度ミャンマーから4頭のゾウを迎え入れる予定の札幌市の円山動物園はゾウ舎の建設費用として約30億円、経費として毎年2000万円以上を見込んでいるという。

 桐生が岡動物園でも新たに飼うには施設の大規模な改修が必要で、購入や輸送にかかる経費もネックになる。斎藤隆浩園長は「多くの市民に楽しんでもらえる動物園になるため、さまざまな選択肢を調査、検討していきたい」としている。

 富岡市の群馬サファリパークでも一部の動物が減少している。アフリカゾウは1979年の開園時は8頭だったが老衰や病気などで減り続け、3年ほど前にいなくなった。ベンガルトラもピーク時は10頭以上いたが、現在は3頭のみ。サイも減少傾向だ。

 高齢になると繁殖も難しいが、一方で海外から若い個体を連れてくるのも容易ではない。背景には、新興国で動物園の建設が相次ぎ、動物の価格が高騰している現状がある。動物の対価に加え、相手国の自然保護基金などにも支出する必要がある。

 同園の川上茂久園長は「事態は深刻で、将来的に一部の動物が見られなくなるかもしれないという危機感を抱いている」と話し、希少種の保存を続けていくためにも国内繁殖が重要と指摘する。

1/2ページ

最終更新:7/13(木) 6:02
上毛新聞