ここから本文です

中ア念丈岳-南越百山 通行困難な登山道整備

7/13(木) 7:00配信

長野日報

 飯島町と下伊那郡松川町の有志らでつくる「中央アルプス南部岳人ネットワーク」は12日、高山性植物に覆われて通行が困難な中ア念丈岳(2291メートル)―南越百山(2569メートル)間の登山道整備を始めた。中ア南部の伊那谷側登山道である同ルートを整え、登山者の利便性や安全性を図る目的。3年計画で進める。

 岳人ネットによると、両町に登山口がある烏帽子岳(2195メートル)を起点にかつて同ルートは使われたが、現在は登山者の通行減少でクマザサやスズが生い茂る。中ア南部を縦走するには北側の空木岳(2864メートル)方面から尾根沿いを南下し、来た道を往復するか木曽谷に下るかしか選択肢はほぼない状況という。

 登山道整備は松川町で昨夏行った町民登山の際、登山者から不通区間の復活を望む声が上がったのがきっかけ。登山愛好家らが発起人会を設けた上で、ルート上の関係自治体である飯島町にも協力を要請した。2日に開いた発足会は、県山岳協会の関係者や山岳救助隊員ら伊那谷中心に山に関わる約40人が集まった。

 今年度整備するのは、念丈岳―奥念丈岳(2303メートル)間の約1.4キロ。12日はメンバー10人が参加し、7時間ほど掛けて現地に向かい、念丈岳付近のルート上に茂ったクマザサを草刈り機などで除去した。作業は今月15、16、17日と秋も予定。来年度からは奥念丈岳―南越百山間の約4キロに着手したい考えという。

 岳人ネット代表で山岳ガイドの福沢勝好さん(71)=松川町元大島=は「人があまり入らない自然の原風景が残る場所。県立公園内の整備であり、自然には充分配慮しながら作業したい」としている。

最終更新:7/13(木) 7:00
長野日報