ここから本文です

フレッシュ球宴は史上初となる0対0の引き分け MVPはソフトB曽根

7/13(木) 21:18配信

スポーツナビ

 プロ野球の若手有望株が集うフレッシュオールスターが13日、静岡・草薙球場で行われ、規定により0対0の引き分け。両軍無得点で終わるのは53回目にして初の出来事だった。

 MVPはウエスタンの「9番・ショート」で先発出場、二塁打2本を記録した福岡ソフトバンク・曽根海成が獲得。優秀選手は1回無失点、2奪三振の藤平尚真(イースタン/東北楽天)、2イニングを打者6人パーフェクトに抑えた古谷優人(ウエスタン/ソフトバンク)が選出された。

 4年目の今季、支配下登録を受けた曽根は「ヒットが2本出たのはたまたまだが、非常にうれしい。チームを率いた水上善雄2軍監督からは『ナイスバッティング』と言われました。3本目は欲を出してホームランを狙いましたが、変化球だったので打てませんでした。後半戦からはしっかり打って、がんばります」と今後の活躍を誓った。

 また、優秀選手に輝いた藤平は「3者連続三振を狙ったのですが、相手が上でした。次は(1軍の)オールスターに選ばれて3者連続を狙いたいです」と語った。

スポーツナビ

最終更新:7/13(木) 21:18
スポーツナビ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/24(月) 5:15