ここから本文です

二宮真琴/ウィンブルドンダブルス4強 ここまで来たら優勝めざしたい【ウィンブルドン/全英】

7/13(木) 12:04配信

TENNIS.JP

7月12日 ウィンブルドン DAY 09

女子ダブルスで二宮真琴(橋本総業)/ボラコバ(チェコ)組が、クズネツォワ(ロシア)、ムラデノビッチ(フランス)組を6-4,6-4のストレートで破り、日本女子ダブルスとしては、2013年青山修子組以来の4強入りとなった。

二宮真琴、ダブルス8強「ミックスでの経験活かす」【ウィンブルドン/全英】

連日の快挙に「誕生日の時より多い、77件もお祝いメールが来た。
ベスト4は驚いている。でも、ここまで来たら優勝を狙いたい。」と二宮真琴。

決勝進出をかけて第9シードのチャン・ハオチン(中国)/M・ニクルスク(ルーマニア)組と現地7月14日(金)に対戦する。

二宮/ボラコバ ウィンブルドン準決勝進出

「やっと、並べたかなという感じです」。
試合後の二宮真琴は、そう言い今大会一番とも言える笑顔を見せた。

「並べたかな」と彼女が言う対象は、同じ94年生まれの穂積絵莉と加藤未唯。
その二人が今年1月の全豪オープンで、ベスト4に勝ち残っていたことを指しての言葉だった。

同期に追いつき追い越すことを目指す二宮の、準々決勝のプレーは冷静にして大胆だ。

対戦相手のムラデノビッチ/クズネツォワ組は、ペアを組んで日が浅いためノーシードではあるものの、個々はとてつもない実力者。
シングルスランキングで見ればクズネツォワは8位で、ムラデノビッチは14位。
ダブルスでもクズネツォワは2005、2012年の全豪オープン優勝者。
ムラデノビィックは2016年の全仏オープンのダブルスに優勝し、昨年末にはダブルス・ランキングで2位に達した名手である。

その二人を相手に、二宮は一歩も引かないどころか、むしろ相手を飲んでいた。

そのことを顕著に示したのが、第1セットの第7ゲーム。
二宮のボレーでブレークポイントを奪うと、最後は二宮が後衛から、狙いすましたロブでウイナーを奪う。

「(相手後衛の)クズネツォワが、フォアで回り込もうとしてサイドに寄っていたので、ストレートが空いているのが見えた。自分も良いポジションに居たので、ここは行けると思った」。
このブレークで主導権を掴んだ二宮/ボラコバ組が、第1セットを奪い去った。

第2セットに入っても、二宮たちは試合の手綱を握り続ける。
第9ゲームでは二宮のリターンウイナー、さらにはポーチでブレークポイントを手にすると、最後はクズネツォワがダブルフォルト。
続くゲームでは30-0のリードから追いつかれるが、ここで二宮が奮起する。
相手のクロスへのリターンを読み切り、158センチの身体を目一杯伸ばしてボールに飛びつき叩き込んだボレー。

「パートナーの緊張が伝わってきたので、思い切ってポーチした。今日一番、勝負したところでした」。
この二宮の「勝負」の一撃が、勝利を大きく手繰り寄せる。

最後は相手の力ないリターンを、二宮が慎重にボレーする。
相手コートに柔らかく落ちたボールが、2013年の青山修子以来となる、日本人選手のウィンブルドンベスト4入りを決めた。

ベスト4入りの成果を「同期に並べた」と表現した二宮だが、大会前の目標は「2つ勝つこと」だっただけに、この結果は「驚き」だと本音も漏らす。
しかしだからと言って、満足した訳ではない。

「ここまで来たら、優勝目指して頑張ります」。
その夢は、手を伸ばせば届く場所に既にある。

(テニスライター/内田暁)

塚越亘/kyoko 協力/内田暁

最終更新:7/13(木) 12:04
TENNIS.JP