ここから本文です

チリッチ 激闘制し初4強、ナダル破ったミュラー下す<男子テニス>

7/13(木) 1:08配信

tennis365.net

ウィンブルドン

テニスのウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は12日、男子シングルス準々決勝が行われ、第7シードのM・チリッチ(クロアチア)が第16シードのG・ミュラー(ルクセンブルグ)との激闘を2-6, 7-6 (8-6), 7-5, 5-7, 6-1のフルセットで制し、大会初のベスト4進出を果たした。

【ウィンブルドン対戦表】

この日、1度もブレークポイントを握ることが出来ずに第1セットを落としたチリッチだったが、続く第2・3を連取して勝利に王手をかける。

第4セットを落としたものの、ファイナルセットでは2度のブレークに成功して3時間29分の激闘を制した。

準決勝では、第27シードのS・クエリー(アメリカ)と対戦する。クエリーは、準々決勝で第1シードのA・マレー(英国)をフルセットで下しての勝ち上がり。

ウィンブルドンに11年連続出場のチリッチは、2014年から3年連続でベスト8進出を果たしている。

今シーズンは、TEB BNPパリバ・イスタンブール・オープン(トルコ/イスタンブール、レッドクレー、ATP250)でタイトルを獲得。全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)では2回戦で敗れたが、全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)ではベスト8に進出した。

一方、R・ナダル(スペイン)との激闘を制して準々決勝に駒を進めていたミュラーだったが、惜しくも四大大会初のベスト4進出とはならなかった。

tennis365.net

最終更新:7/13(木) 1:08
tennis365.net