ここから本文です

野球評論家・山崎武司氏 オールスターMVP2回も「賞金は全部嫁さんに行った」

7/13(木) 10:40配信

AbemaTIMES

 プロ野球で中日、楽天などで活躍した野球評論家の山崎武司氏(48)が、過去に2度受賞したオールスターゲームのMVPの賞金は「全部嫁さんのところに行った」ことを明かした。

 今季のオールスターゲームは7月14、15日に開催される(テレビ朝日系列、AbemaTVで放送)。AbemaTVで2戦目の解説を務める山崎氏は、1996年に初出場すると。オールスターには計6回出場。2000年、2008年にはMVPに輝くなど「お祭り男」として活躍した。

 「2008年の時は、監督だった梨田さんから『松中と山崎は今日、休みでいいぞ』と言われたんですけどね。だからスパイクも履いていませんでした」と、ベンチ内での会話を振り返った。ところが試合がもつれると、1点差の9回にソフトバンク松中が同点打。続いて代打に送られた山崎は初球をたたきサヨナラ打。わずか1球で300万円を獲得したベテランに、周囲からは「そんなのナシだ(梨田)!」と声が飛んだという。

 MVP以外にも数々の賞を獲得した山崎だが、賞金はすべて後日、口座に振り込まれた。「だから全部嫁さんのところに行った」と、趣味の自動車などに使えることはなかったという。なお、自動車では2007年に活躍した際、スポンサー賞の「ガリバー賞」に輝き、ポルシェを獲得したことがある。

 なお、今年のオールスターもMVPは賞金300万円、優秀選手は100万円。2試合を通して活躍した選手にマイナビ賞で賞金100万円、日産ノート e-POWER賞として同名の自動車1台が贈られることになっている。

最終更新:7/13(木) 10:40
AbemaTIMES

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合10/19(木) 7:35