ここから本文です

楽天ペゲーロ、156メートル&193.5キロの“驚弾” MLBのトップ5と比較すると…

7/13(木) 7:20配信

Full-Count

ソフトバンク戦で驚愕の一発、飛距離はMLBトップのジャッジ超え

 楽天のカルロス・ペゲーロ外野手が、12日のソフトバンク戦(ヤフオクD)で超特大アーチを放った。0-0で迎えた5回に松本裕の141キロの直球をフルスイング。打球は右翼スタンドの後方にあるオーロラビジョンの下部に直撃し、客席に落下した。驚愕の先制20号2ランに、場内はしばらくざわめいた後、静まり返った。

【ハイライト動画】156メートルの超特大アーチを放った楽天・ペゲーロ

 ヤフオクドーム内に設置されている高性能弾道計測器「トラックマン」の解析によると、打球速度193.5キロ、飛距離は156.4メートルをマーク。この飛距離は、メジャーで驚愕の本塁打を連発しているアーロン・ジャッジ外野手(ヤンキース)が記録した今季メジャー最長弾の495フィート(約150.1メートル)を上回っている。使用球が違うため、単純比較は出来ないが、“メジャー記録超え”の数値を叩き出したペゲーロのパワーは、やはり驚異的と言えそうだ。

 では、今季のメジャーにおいて、打球速度と飛距離のベスト5はどうなっているのか。MLBの解析システム「スタットキャスト」が算出した数値は以下の通りとなっている。

【打球速度】
1、ジャッジ 121.1マイル(約194.9キロ)本塁打
2、ジャッジ 119.8マイル(約192.8キロ)単打
3、ジャッジ 119.4マイル(約192.2キロ)本塁打
4、ジャッジ 119.0マイル(約191.5キロ)二塁打
5、スタントン 118.7マイル(約191キロ)二塁打

【本塁打飛距離】
1、ジャッジ 495フィート(約150.1メートル)
2、ブロクストン 489フィート(約149メートル)
3、バルガス 483フィート(約147.2メートル)
4、ラム 481フィート(約146.6メートル)
5、グリチャク 478フィート(約145.7メートル)

 ペゲーロの数値は、前述した通り飛距離では1位、打球速度でも2位に値する数字。メジャーリーグの中でも、その怪力ぶりを恐れられた“恐怖の2番打者”が、後半戦でも対戦相手の脅威となることは間違いない。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:7/13(木) 7:20
Full-Count