ここから本文です

三菱製鋼 中国ばね拠点、スタビライザー量産開始

7/13(木) 12:20配信

日刊産業新聞

 三菱製鋼のばね事業における中国現地法人、寧波菱鋼弾簧は、自動車部品のスタビライザー(車体のローリングを防ぐため、サスペンションに追加される部品)について、6月から量産を開始した。既存の日系自動車メーカー向けだけでなく、欧米系を含めた他メーカーへの拡販を進め、主力の自動車用巻ばねに次ぐ柱に育てたい考え。今後はマザー工場である千葉製作所(千葉県市原市)と同じくラインの自動化も検討していく。

最終更新:7/13(木) 12:20
日刊産業新聞