ここから本文です

8月にかけて全国的に猛暑 気象庁1か月予報

7/13(木) 15:15配信

ウェザーマップ

 気象庁は13日、向こう1か月の天候の予想を発表した。
太平洋高気圧が沖縄から西日本にかけて強まる影響で、来月にかけても全国的に気温が高くなり、猛暑が続く見通し。さらに、来週18日頃からは西日本で平年をかなり上回る気温が予想されている。暑さがさらに厳しくなるため、熱中症や農作物の管理等に十分な注意が必要だ。

 13日は九州南部で平年より1日早く梅雨が明けたが、来月にかけての雨量は東日本、西日本、沖縄・奄美で平年並みと予想されている。一方、7月下旬は低気圧や前線の影響を受けやすい北日本で平年と比べてくもりや雨の日が多くなるとみられ、雨量は平年並みか多くなりそうだ。

最終更新:7/13(木) 15:15
ウェザーマップ