ここから本文です

大卒資格不要! アメリカで高収入が得られるリモートワーク8選

7/13(木) 20:10配信

BUSINESS INSIDER JAPAN

「在宅ワークで高収入」

「学生歓迎! 月1000ドル稼げます。今すぐお電話を」

【画像】この記事で紹介する仕事はどれも、 年収4万5000ドル(約500万円)以上。大卒資格もいらない。

こうした街角に貼られた怪しげな広告を、誰しも見たことがあるだろう。

実際は膨大な量の家具を組み立てたり、封筒詰めをした結果、思ったような金額が支払われることはめったにない。いや、全くない。

だからといって、大学卒業資格を持たずとも応募できる高額収入・在宅ワークの求人全てが詐欺ではない。

リモートワーク専門のオンラインサービスFlexJobsは、最近、登録されている求人リストを精査し、4年制大学の卒業資格を必要としないテレワークやリモートワークを洗い出した。

以下に紹介する仕事はどれも、 PayScaleの平均年収データによると年収4万5000ドル(約500万円)以上。大学を卒業している必要はない。

ウェブコンテンツ編集者

年収:4万6147ドル(約516万円)

仕事内容の例:クライアントから提供されるキーワードに焦点を当てたオリジナルコンテンツを編集、クライアントが検索エンジンでランキング上位に表示されるようにする。コンテンツにはブログ投稿、プレスリリース、SEO記事などが含まれる。フリーランス、リモートワークの求人

コピーライター

年収: 4万7790ドル(約535万円)

仕事内容の例: 正しいカテゴリーキーワードを必ず使用。締め切り厳守。デザインに重点を置いたコピーを各80~100単語で60本以上作成。コピーライティング経験必須。リモートワークの求人。

治験コーディネーター

年収: 4万8848ドル(およそ約547万円)

仕事内容の例: 日々の臨床試験オペレーション管理をアシスト。組織、臨床、現場、業者、それぞれの活動を監督。治験ファイル原本の管理。フリーランス、長期派遣求人。

保険金の支払査定・調査員

年収:5万1927ドル(約581万円)

仕事内容の例: 損害現場調査の実施、査定書の作成、保険金の支払い。格別のカスタマーサービス提供が必要。経験必須。リモートワーク求人。

1/2ページ

最終更新:7/13(木) 20:10
BUSINESS INSIDER JAPAN