ここから本文です

高知でもヒアリ調査始まる

7/13(木) 19:11配信

テレビ高知

テレビ高知

国内の各地で毒性の強いアリ・ヒアリが見つかっていることを受け、高知新港でもヒアリの調査が始まりました。

先月から今月にかけて東京や大阪、名古屋などでヒアリが相次いで見つかっていることから県は高知新港でヒアリの調査を始めました。毒性が強いヒアリは主に南米に生息するアリですが、日本には、中国などからのコンテナに紛れて侵入していると見られています。刺されると強いアレルギー反応で死に至ることもありますが致死率は低いということです。きょうは県から依頼を受けた害虫駆除の専門業者が、コンテナの周辺にアリを殺す餌を置きました。

高知新港では現在、中国からのコンテナ船が週に1回寄港していて、県は今後もしばらくは注意していきたいと話しています。

設置した餌は1週間後をめどに、回収する予定で、ヒアリが見つかった場合は予防剤を撒くなどの対策をしていくということです。

最終更新:7/13(木) 19:11
テレビ高知