ここから本文です

新たな殺しテク“ナイ・フー”炸裂! キアヌ・リーブス主演『ジョン・ウィック:チャプター2』本編映像公開

7/13(木) 18:00配信

ぴあ映画生活

現在、公開中のキアヌ・リーブス主演『ジョン・ウィック:チャプター2』。全米ではオープニングからたった8日間で、前作のトータル興行収入約4.3千万ドルを超える大ヒットを記録した。そんな本作の見どころのひとつである新たな格闘スタイル“ナイ・フー”を披露する本編映像が届いた。

『ジョン・ウィック:チャプター2』本編映像

伝説の殺し屋ジョン・ウィックのもとに、新たな依頼が舞い込む。それは、イタリアンマフィアのサンティーノが姉を殺してほしいというものだった。平穏な隠居生活を希望していたジョンは、彼の依頼を断ることに。すると、怒ったサンティーノがジョンの家をバズーカで破壊してしまった。思い出が詰まった家を奪われたジョンは復讐を開始。しかし、命の危険を感じたサンティーノがジョンに7億円の懸賞金をかけたため、ジョンは全世界の殺し屋から命を狙われることになる―。

2015年に日本で公開され、スマッシュヒットとなった前作『ジョン・ウィック』に引き続き、監督はチャド・スタエルスキが続投。ジョン役のキアヌ・リーブスはもちろん、おなじみのキャストが再び集結した。また、『マトリックス』でキアヌ・リーブスと共演した、ローレンス・フィッシュバーンも参戦! 舞台もニューヨークから世界に広がり、すべてにおいてスケールアップした。

さらに、注目すべきなのが新たに生み出された格闘スタイル“ナイ・フー”だ。静寂の中でも攻撃が可能であることから暗殺にもってこいな殺しのテク。今回公開された本編映像では、地下鉄車両でコモン扮する殺し屋・カシアンとジョンが壮絶なバトルを繰り広げる。次々と殺し屋の襲撃を受けてきたジョンは、すでに満身創痍。カシアンのナイフがジョンの太ももに突き刺さると、カンフーで一本背負いをして応戦してみせる。殺し屋のプライドをかけた戦いは、双方一歩も引かず。ジョンのナイフが床に落ち、あわやという場面も、カシアンのナイフを持つ右手を封じ込めて、“ナイ・フー”で反撃を繰り返す。

本作で最大のライバルを演じるコモンとキアヌは、『フェイク シティ ある男のルール』以来の共演。「キアヌと対峙する時、彼は本物であることを求めるので興奮したよ。彼は決して傷つけようとしているわけではないが、最高でありたいと思っている。だから彼は素晴らしいんだ。私も“自分が最高になりたい”と思っていたから、我々は張り合っていたよ」と、役柄だけではなく同じ俳優としても刺激を受ける相手であると語った。今回到着した映像以外にも、ふたりの格闘シーンは数多くあるという。手に汗握る激しい攻防の続きは、ぜひスクリーンで確認してほしい。

『ジョン・ウィック:チャプター2』
全国公開中

最終更新:7/13(木) 18:00
ぴあ映画生活