ここから本文です

【映像】猿知恵とバカにはできません インドの病院での本当の話

7/13(木) 15:48配信

アフロ

 インド北部ジャム・カシミール州の夏の州都スリナガルの病院で12日、一匹のサルが闖入して、勝手にボトル2本のブドウ糖を飲み干して、スタッフが呆気にとられるなかを何事もなかったかのように出ていった。
 病院のナースによると、赤い頬をしたサルがナースに近づき、あたかも「腹痛を訴えるように」自分の腹部を指差したという。バナナを与えるとそれは食べたが、水をやろうとしたら断られた。
 ブドウ糖を飲んで元気が出たのか、ドクターやナースが呆気にとられるなかを、くだんのサルは、居並ぶ患者を尻目に病院を後にしたという、ウソのような本当の話。

(スリナガル、インド、7月12日、映像:SWNS/AFLO)

最終更新:7/13(木) 15:48
アフロ