ここから本文です

大気不安定 14日も東日本で激しい雷雨のおそれ

7/13(木) 16:58配信

ウェザーマップ

 14日にかけても東海、関東甲信、北陸地方で大気の状態が非常に不安定となり、局地的に非常に激しい雨が降る見通し。東海では14日夕方までの降水量が150ミリと予想されている。

 13日(木)は東日本から東北地方にかけての広い範囲で局地的に雨雲が発達し、午後は静岡県静岡市や福島県小野町で1時間に50ミリを超える非常に激しい雨が降った。
 梅雨前線が東北地方に停滞し、南から湿った空気が流れ込む影響で、東日本では14日にかけても大気の状態が非常に不安定となる見通し。
 14日午後6時までに予想される降水量は、いずれも多い所で、愛知県、岐阜県、三重県で150ミリ、関東地方北部で100ミリとなっている。雷を伴い1時間に50ミリの非常に激しい雨が降るおそれがあり、短時間の大雨、激しい落雷に注意が必要だ。
 また、発達した雨雲の近くでは竜巻などの激しい突風の吹くおそれもある。

最終更新:7/13(木) 17:09
ウェザーマップ