ここから本文です

あのキャラバンライダーが新型チェンジ!ド迫力の新フロントマスクに安全装備も充実

7/13(木) 14:09配信

オートックワン

日産の関連会社であるオーテックジャパンは、NV350キャラバンのマイナーチェンジにあわせ、カスタムカー「ライダー」、送迎仕様車「送迎タイプ」、車いす仕様車「チェアキャブ」をマイナーチェンジし、7月13日より発売した。

NV350キャラバン ライダーなどの画像を見る

価格はライダーが251万5320円~419万400円(消費税込)、送迎タイプが286万7400円~401万7600円(消費税込)、チェアキャブが367万7000円~493万5000円(消費税は非課税)。

■NV350キャラバン ライダー
今回のマイナーチェンジでは、デザインを一新し、より力強く迫力あるフロントマスクとした。また、ユーザーから要望の多かった、サイドスタイルとリアスタイルの印象を変えるアイテムとして、専用のサイドシルプロテクターやリアアンダープロテクター、ルーフスポイラーなどを新たにオプション設定し、好みに応じてカスタマイズする楽しみを提供する。

さらに、専用の本革巻ステアリングや防水シート、フロントマーカーLED、アルミホイールなどを装備する「プロ・スタイルパッケージ」も設定し、機能性とスタイリッシュさの両立を求めるニーズにも対応する。

なお、NV350キャラバンライダーもベース車と同様に今回のマイナーチェンジで、インテリジェントエマージェンシーブレーキ、VDC(ビークルダイナミクスコントロール[TCS機能含む])、ヒルスタートアシストをバン全車に標準設定したほか、インテリジェントアラウンドビューモニター(移動物検知機能付)やバックドアオートクロージャーなど、先進安全装備や利便装備を充実させた。

■NV350キャラバン 送迎タイプ
多人数を送迎するのに最適なモデル。10人乗りワゴンと14人乗りマイクロバスをベースに、スムーズな乗降を実現する専用シートレイアウト(10人乗りワゴンのみ)、手すりやグリップ、スライドドア開閉に連動して出てくるオートステップなどを装備している。

今回のマイナーチェンジで、ワンタッチオートスライドドア/助手席側(挟み込み防止機能付)を標準設定した「送迎タイプ ワゴンGX(標準幅 ロングボディ 標準ルーフ)」を新設定した。

さらに全グレードで、インテリジェントアラウンドビューモニター(移動物検知機能付)を選択でき、ドライバーにも配慮した。

■NV350キャラバン チェアキャブ
簡単なリモコン操作で昇降する全自動リフターを装備し、車両後部から車いすやストレッチャーのまま車内に乗り込めるモデルで、主に福祉施設・病院の送迎用、福祉・介護タクシーのニーズに応える車両である。

広い室内スペースと高いスライドドア開口を活かし、充分な介護スペースと多彩なシートアレンジを実現した3つの仕様を設定した。

今回のマイナーチェンジでは、前型モデルの車いす1名仕様(C仕様)を、いざという時にもう1名車いす乗車ができる「車いす1+1名仕様」に仕様向上した。

さらに先進安全装備のインテリジェントエマージェンシーブレーキ、VDC(ビークルダイナミクスコントロール[TCS機能含む])、ヒルスタートアシストならびに、インテリジェントアラウンドビューモニター(移動物検知機能付)を標準設定した。

【各仕様の特徴】
・車いす2名仕様車:車いす2名が乗車可能。歩行可能な方8名と合わせて10名乗り
・車いす1+1名仕様:普段は車いす1名、いざという時には2名が乗車可能。歩行可能な方が多い場合に最適
・車いす4名仕様:最大で車いす4名が乗車可能。車いすの方をなるべく多く乗せたい場合に最適

最終更新:7/13(木) 14:09
オートックワン