ここから本文です

駅と列車で「涼しさ」体感 「トロッコ納涼列車」夏休み期間に運行 嵯峨野観光鉄道

7/13(木) 11:10配信

乗りものニュース

4つの「涼しさ」を体感

 トロッコ列車を運行する嵯峨野観光鉄道は2017年7月11日(火)、夏休み企画「トロッコ納涼列車」を実施すると発表しました。

【画像】風鈴の音で涼しさ体感

 トロッコ嵯峨駅とトロッコ亀岡駅では雨天を除く高温時、列車上部の「ミストシャワー」が稼働するほか、車体の温度を下げるため、初列車の出発前に車両の天井に散水が行われます。

 トロッコ列車内とトロッコ嵯峨駅、トロッコ嵐山駅には、地元の竹を使った「竹風鈴」が飾り付けられます。列車の動きと風にあわせて風鈴が音を奏で、涼しさを実感できるといいます。

 また運行区間には、植樹により繁茂した木々と、保津川渓谷を渡る風の涼しさを感じられる「緑のトンネル」や、常に20℃前後の気温である「レンガのトンネル」があり、自然の涼しさを体感できますとのこと。

 期間は7月20日(木)から8月31日(木)まで。8月20日(日)までは、トロッコ嵯峨駅のコンコースに、触って涼しさを体感できる重量約60kgの氷柱が設置されます。

乗りものニュース編集部