ここから本文です

三協立山、今期経常益4割減見通し

7/13(木) 13:46配信

日刊産業新聞

 三協立山は12日、2018年5月期の連結経常利益が前期比41・5%減の40億円になる見通しだと発表した。事前の市場予想(75億円)を下回る。売り上げ拡大に向けた投資や成長分野への展開、顧客対応の強化に向けた費用増などが利益を圧迫する。原料であるアルミ地金の価格上昇も利益面の足かせとなる。17年5月期の連結経常利益は16年5月期比26・8%増の68億4200万円だった。コストダウンの推進などが寄与して増益となったが、サッシやドアなど主力の建材の販売が減り、海外子会社の収益が悪化したこともあり、事前の市場予想である72億円には届かなかった。

最終更新:7/13(木) 13:46
日刊産業新聞