ここから本文です

UCL優勝を唯一知るキャリック キャプテン就任に「僕は僕らしく」

7/13(木) 19:00配信

theWORLD(ザ・ワールド)

ルーニー思いを引き継ぐ

マンチェスター・ユナイテッドはクラブ公式サイトにて、マイケル・キャリックがキャプテンに就任したことを発表した。

これまでアームバンドを巻いていたウェイン・ルーニーのエヴァートンへの移籍が決まったため、キャリックが引き継ぐことになった。同選手は5月にユナイテッドと契約を1年延長し、来シーズンは12シーズン目に突入する。今月36歳を迎えるキャリックは、クラブ公式サイトに自分らしくキャプテンを全うするとコメントした。

「とても嬉しいし、偉大なクラブのキャプテンを任されるのは光栄なことだ。ここまで長くやれるなんて思っていなかった。これからは選手たちを引っ張って、若い選手のことも気にかける必要がある。僕は僕らしくやるよ。このポジションを与えられたからといって、突然選手たちに怒鳴り散らして指示を与えるのはおかしなことだからね。僕はそういうタイプではない。必要なときに話はするけれど、僕は気楽にやるタイプだし、落ち着いている方だ。見本を示して皆を引っ張るよ」

ユナイテッドはアレックス・ファーガソン氏退任以降、劇的な変化を遂げてきた。2006年からクラブに在籍するキャリックは、今のメンバーの中で07-08シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ優勝を経験している唯一の選手だ。黄金期から変革期を歩んできた同選手は、キャプテンとしてユナイテッドの歴史を今の選手に伝えていきたい。

https://www.theworldmagazine.jp