ここから本文です

故中嶋しゅう最後の舞台、代役立て再開

7/13(木) 17:00配信

Lmaga.jp

公演初日(7月6日)に出演者の俳優・中嶋しゅうさんが急性大動脈解離で亡くなったのを受け、公演が中止されていた舞台『アザー・デザート・シティーズ』が13日より上演再開。中嶋さんの代役には、俳優の斎藤歩(さいとうあゆむ)が出演する。

【写真】舞台に関連して、家族について話す寺島しのぶ

本作は、イラク戦争時の米国のクリスマスイブを舞台に、ある家族の危機を描いた物語。出演者は、寺島しのぶ、中村蒼、麻実れい、佐藤オリエを含む5人で、家族の回想録を出版しようとする作家、テレビプロデューサーの弟、元脚本家の母と叔母、元映画俳優の父という芸能一家を演じる。代役を受けた斎藤は、舞台『桜の園』や『コーカサスの白墨の輪』で中嶋さんと共演するなど生前から縁が深いことから、今回の難役への出演を引き受けたという。

主催の梅田芸術劇場は、「急逝された中嶋しゅうさんの生前のご功績を偲び、謹んで哀悼の意を表しますとともに、キャスト・スタッフ一同は今後の公演に向けて尽力して参りますので、何卒よろしくお願い申し上げます」とコメント。大阪公演は、「梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ」(大阪市北区)で7月29日から31日まで。チケットは9500円、各プレイガイドで発売中。

最終更新:7/13(木) 17:00
Lmaga.jp