ここから本文です

セブンが全国で沖縄フェア オリオンビールのオリジナルデザインも登場 18日から開催

7/13(木) 5:00配信

沖縄タイムス

 コンビニエンスストア国内最大手のセブン―イレブン・ジャパン(東京、古屋一樹社長)は18日から、全国の1万9588店舗で「ハイサイ! 沖縄フェア」を開く。2週間の期間限定。オリオンビールや泡盛、さんぴん茶、アイスクリームなど17商品を取り扱う。全国規模での沖縄フェアは初めて。セブンは2019年度をめどに沖縄県内に出店する方針を発表しているが、同社広報によるとフェア開催と沖縄進出の関係性は「まったくの偶然」という。

 オリオンビールはセブンの店舗をイメージしたオリジナルデザインで350ミリリットルと500ミリリットルを販売する。泡盛は久米島の久米仙ブラウン30度720ミリリットルと13度カップ180ミリリットル。さんぴん茶は沖縄ポッカの500ミリリットル。ブルーシールの塩ちんすこうと紅イモ味も発売する。

 県産商品だけでなく、県産食材を使ったオリジナル商品も販売。オリジナルでは、ポーク卵おむすびやタコライス、ゴーヤーチャンプルー丼、県産紅イモげんの生スイートポテト、県産シークヮーサーのレアチーズなどもある。

 セブンは沖縄進出後5年で、250店を展開する予定。広報担当者は、県産品の取り扱いについて「沖縄進出でそのまま商品化するとまでは言えないが、地産地消は進めていきたい」とコメントした。

最終更新:7/13(木) 16:30
沖縄タイムス

Yahoo!ニュースからのお知らせ