ここから本文です

辺野古新基地:炎天下、建設阻止で市民ら連携訴え K1・K9の護岸工事進む

7/13(木) 12:40配信

沖縄タイムス

 沖縄県名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前では13日午前、新基地建設に反対する市民ら約80人が集まった。強い日差しが照りつける中、「埋め立てやめろ」「海兵隊は出て行け」などとシュプレヒコールを上げた。

 ゲート前のテントでの集会では、県外からの参加者らがマイクを握り、「沖縄と連帯して米軍基地をなくす運動を続けたい」などとあいさつ。連携して埋め立て工事を阻止する決意を示した。

 一方、シュワブ内にある「K1」「K9」では、石材が入った網袋を敷き詰める護岸建設作業が続いた。気温33度を超える炎天下、新基地建設に反対する市民が乗ったカヌー13艇が抗議行動した。

最終更新:7/13(木) 12:40
沖縄タイムス

Yahoo!ニュースからのお知らせ