ここから本文です

鈴鹿8耐本番前のテストが終了。モリワキMOTULレーシングが総合トップ

7/13(木) 20:51配信

オートスポーツweb

 7月11日から3日間の日程で鈴鹿8耐公開合同テストが行なわれ、モリワキMOTULレーシングの2分7秒346がトップタイムとなった。

【画像】初日トップタイムを記録した MuSASHi RT HARC-PRO. Honda

 先週行なわれたメーカー合同テストにはヤマハ・ファクトリー・レーシング・チームが不参加など、まだまだ事前テストの様相が色濃かったが、今回はほぼ全チームが参加。Tカー含めて111台ものマシンがコースを彩った。

 初日に夜間走行枠が設けられたり、2日目には雷雨に襲われたりと鈴鹿8耐本番に向けてのテストとしては絶好のコンディション。各チームともにセッティングを詰めながらロングランをするなど、順調にテストを消化した。

 初日にトップタイムをマークしたのはMuSASHi RT HARC-PRO.ホンダで2分7秒783。2日目にはF.C.C.TSRホンダが2分7秒700を出してトップ浮上。最終日にはモリワキMOTULレーシングが2分7秒346をたたきだし、本番さながらの首位の入れ替わりとなった。

 モリワキMOTULレーシング、MuSASHi RT HARC-PRO.ホンダ、ヤマハ・ファクトリー・レーシング・チーム、F.C.C.TSRホンダ、カワサキ・チームグリーン、ヨシムラ・スズキMOTULレーシングまでの6チームが2分7秒台をマーク。今年の鈴鹿8耐が激戦になることを予想させた。

[オートスポーツweb ]