ここから本文です

寺井署、来年10月開所へ起工

7/13(木) 1:34配信

北國新聞社

 寺井署の移転新築工事起工式は12日、能美市三道山町で行われ、関係者が2018年10月の開所へ工事の安全を祈った。

 新庁舎は3階建てで、1969(昭和44)年に建設された現庁舎から、約800メートル離れた位置となる。

 延べ床面積は現庁舎の約2・5倍の2606平方メートルで、総事業費は約12億9千万円となる。

 式では、谷本正憲知事が「安全安心の要となり、地域に親しまれることを期待する」と式辞を述べ、米澤賢司県議会議長、福村章県議会商工観光公安委員会委員が祝辞を述べた。森内彰県警本部長があいさつし、谷本知事がくい打ち初めを行った。

 式には井出敏朗能美市長、前哲雄川北町長、小野宏樹県警警務部長、吉田克美寺井署長、善田善彦県議ら約60人が出席した。

北國新聞社

最終更新:7/13(木) 1:34
北國新聞社