ここから本文です

宅配ボックス関連拡充 三協立山、6月の売り上げ4倍

7/13(木) 1:29配信

北國新聞社

 三協立山(高岡市)で建材事業を手掛ける三協アルミ社は、不在時でも荷物を受け取れる「宅配ボックス」関連の製品の販売を強化する。大手宅配業者が長時間労働の是正に向けて宅配便の配達時間帯を指定するサービスを縮小したことなどを受け、6月の売り上げは前年比4倍に急増した。今後は製品の品ぞろえを充実させ、需要取り込みを強める。

 三協アルミ社が提供するのは、戸建て住宅用の宅配ボックス付き機能ポール「フレムス」。周囲に溶け込むデザインで、宅配ボックスやポスト、表札、照明などを自由に組み合わせることができるという。

 2012年5月に発売し、今春から引き合いが増加した。今年秋には宅配ボックスが後付け可能なタイプを発売する予定で、宅配ボックスのサイズのバリエーションも拡充する。

 建材事業ではこのほか、1日で玄関ドアの取り換えができるリフォーム専用の「ノバリス リフォーム玄関ドア」の拡販を図り、改装、リフォーム分野を強化する。キャラクターとしてドラえもんを使った販促活動を引き続き展開し、認知度を高めたい考えだ。

 ビル関連では、東京・銀座の複合商業施設「GINZA SIX(ギンザ シックス)」に専用サッシを納入した。

北國新聞社

最終更新:7/13(木) 1:29
北國新聞社