ここから本文です

西武辻監督3位折り返し「貯金9は選手のおかげ」

7/13(木) 0:29配信

日刊スポーツ

<西武6-3ロッテ>◇12日◇メットライフドーム

 西武が今季6度目の同一カード3連勝で前半戦を締めた。

【写真】汗を飛ばして力投する西武のファイフ

 来日2度目の先発となったファイフが、カット気味の真っすぐにツーシーム、カーブ、チェンジアップなどを織り交ぜ、5回を2失点。初勝利を挙げた。打線も炭谷の先制打から効果的に加点し、2戦連続の2ケタ安打で6点を奪った。

 辻発彦監督(58)は「今日は何とか勝って、(前半戦を)終わりたかった」とホッとした表情。炭谷の打撃を「最近、技術が上がっている」と評価し、金子侑の4回の本塁打には「見事なホームランだった」。1点リードの7回に山川がバックスクリーンにたたき込んだ1発については「(1点差で)苦しかった中で、あれは大きかった」と目を細めた。

 貯金9の3位でシーズン折り返し。「貯金9は選手のおかげ」とたたえた上で「ここからが本当の勝負。気持ちが強い方が勝つ。野手と投手が信頼し合うこと。投手はたとえ失点しても、次の1点を与えない。野手は相手のミスを突いてでも点を取る。そういう戦いをしていかないと」と、後半戦へ向けて、気を引き締めた。

最終更新:7/13(木) 0:36
日刊スポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/23(日) 20:15