ここから本文です

西野カナ「頑張ろう感じて」五輪新競技娘MVコラボ

7/13(木) 7:52配信

日刊スポーツ

 歌手西野カナ(28)が、東京五輪で初採用となる新競技の日本代表女子選手3人とコラボしたミュージックビデオ(MV)を制作したことが12日、分かった。新曲「Girls」(26日発売)のMVに、スポーツクライミングの大場美和(19)スケートボードの西村碧莉(15)サーフィンの松田詩野(14)が出演。新曲に乗せて、3人の女子選手がトレーニングする姿やインタビュー映像などで構成されている。

【写真】西野カナ「ウクレレをはじめました~」弾き語り披露

 新曲は前に向かって頑張っている女性を応援するガールズ応援歌。曲のテーマに合わせ、東京五輪で初採用となった新競技の中から女性では珍しい3競技で奮闘し、次世代を担う10代女性選手として、大場、西村、松田にコラボを依頼したという。

 西野は「(3人の)皆さんがストイックに練習をする姿や、何度失敗を重ねても挑戦する姿、熱いメッセージに、とても感動しました。よし! 私も頑張ろう! と感じていただけたらうれしいです」とコメントした。

 このMVは、20年東京五輪で初採用された新競技に挑戦する女性選手を応援するスペシャルプロジェクトで、西野の公式サイト内特設サイト「女の子は、強い。」で順次公開予定。

最終更新:7/13(木) 8:23
日刊スポーツ