ここから本文です

朝乃山5連勝「1日1番」星勘定は意識せず自然体

7/13(木) 16:31配信

日刊スポーツ

<大相撲名古屋場所>◇5日目◇13日◇愛知県体育館

 十両でただ一人、勝ちっ放しの西5枚目朝乃山(23=高砂)が、この日も勝って5連勝。白星街道を突き進んでいる。

 自分より約50キロも重い208キロの天風(26=尾車)と対戦。立ち合いで天風は右ノド輪で押し込もうとしたが、その右腕を下からあてがいながら、はね返すと、自然と左が入った。かいなを返し相手の体勢を浮き上がらせ、体を開きながら左からの下手投げで巨漢を転がした。

 イメージでは、左上手が狙いだった。それが外れても自然と体が反応してくれる。それが連勝の要因だ。「流れは意識してやっていないです。体が勝手に動いてくれました」と朝乃山。初土俵から通算58勝目だが、下手投げで勝ったのは2度目。そんな技が自然と繰り出せるのが、今の朝乃山だ。

 2ケタ以上の勝利で新入幕も見えてくる。それでも「体を生かして前に出るのが自分の相撲。それを取るだけです。1日1番、(星勘定など)意識しないで行きます」と、相撲の流れ同様、ここでも自然体で残り10番に臨む。

最終更新:7/13(木) 16:36
日刊スポーツ