ここから本文です

自衛隊ヘリ、携帯基地局運ぶ 豪雨、auとSBほぼ復旧

7/14(金) 0:11配信

朝日新聞デジタル

 九州北部豪雨の被災地で携帯電話がつながりにくい状態となっていたが、KDDI(au)とソフトバンクは13日までにほぼ復旧した。山中にも多くの基地局を持つNTTドコモも数日中に回復できる見通しという。

 KDDIは12日夜、災害前と同じ範囲で通話が可能になったという。自衛隊のヘリを使って基地局を運んだ。ソフトバンクも13日夕に最後に残った福岡県朝倉市の1地点で同様の対応をとった。NTTドコモも13日夕に同県東峰村が復旧。大分県日田市も早ければ14日に不通状態が解消される見通し。被害の大きい朝倉市でも、自衛隊の協力を得て数日中の仮復旧を目指すという。

 3社によると5日午後から、おもに朝倉市、東峰村、日田市の一部地域で携帯電話がつながりにくい状態となった。豪雨による土砂崩れで電波を中継する基地局をつなぐ電線が切断されるなどしたため、という。(柴田秀並)

朝日新聞社