ここから本文です

豊田合成、自動車ヘッドランプ用LED光源を開発…トップクラスの明るさと低消費電力

7/14(金) 5:45配信

レスポンス

豊田合成は7月13日、業界トップクラスの明るさと低消費電力を実現した「自動車ヘッドランプ用LED光源」を開発したと発表した。

今回開発したLED光源は、これまで培ってきた青色LEDの結晶成長技術を応用して、窒化ガリウム(GaN)等の結晶構造を改良するとともに、光源内部の熱を放出しやすくするフリップチップを採用。これにより、約2300lmの明るさを実現、一つの光源がロービームとハイビームを兼ねるバイファンクション式に対応している。

自動車ヘッドランプ用LED光源は、電気自動車(EV)や燃料電池自動車(FCV)など、次世代自動車の低消費電力化に寄与し、環境に優しい製品として今後の普及が期待されている。豊田合成は今後も様々なタイプの自動車ヘッドランプ用LED光源の開発を進め、多様なニーズに対応していく。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:7/14(金) 5:45
レスポンス