ここから本文です

駅弁「誕生」から132年、超素朴だった最初のメニュー 戦争・出稼ぎ・新幹線…進化の歴史をたどる

7/16(日) 7:00配信

withnews

 1885(明治18)年7月16日、当時の日本鉄道が大宮―宇都宮間の開通と同時に宇都宮の旅館・白木屋が駅で弁当を売り始めました。諸説あるものの、この弁当が駅弁の発祥と長く言われてきました。それから132年。現在は、3500~4千種類にまで増え、列車だけでなく家で楽しむ人もいるほど、身近な存在になった駅弁。最初の駅弁の「素朴すぎるメニュー」から、戦争、で出稼ぎ、新幹線による変化。駅弁の歴史を振り返ります。

【画像】窓ごしに現れる「幻の1番線」 景色と絵が融合、長野駅の粋な演出

シンプルです

 最初の駅弁とされる弁当の中身は、どんなものだったのでしょうか? 気になるメニューは…

「おにぎり2個とたくあん2切れで5銭」

 シンプルです。でも何だか旅っていう感じがします。

 当時、宇都宮駅前で旅館業を営んでいた白木屋の斉藤嘉平氏が、梅干し入りのおにぎり2個にごま塩を振りかけ、タクアン2切れと一緒に竹の皮に包んで販売しました。

 栃木は戦前から宇都宮をはじめ小山、黒磯、日光などに駅弁業者が集中する「駅弁王国」でした。特に宇都宮は白木屋、松廼家、富貴堂と3軒がありました。

駅弁王国と軍隊

 なぜ、宇都宮が駅弁王国に? 背景には軍隊の存在がありました。

 交通の要衝だった宇都宮は戦前、旧陸軍第14師団などが置かれました。県内のほか、群馬、茨城、長野から集まってくる兵隊に供出する弁当として「軍弁」を駅弁業者が手がけていました。

 戦地に向かう若者のおなかを満たした「軍弁」と駅弁には、戦争という接点があったのです。

 戦後は東北から東京に出稼ぎ向かう人たちが、宇都宮の駅弁を求めました。年末に帰省する際、30分に1本の臨時列車が黒磯駅に停車。すし詰めの客車から「お~い、弁当!」と手があがり、声がかかったそうです。

新幹線と民営化で打撃

 1982(昭和57)年の東北新幹線開通、87(同62)年の国鉄分割民営化で駅弁業に転機が訪れます。黒磯駅は新幹線が止まらず大打撃を受けたのです。

 JR発足に伴い、駅構内に様々な業種が参入、駅弁店とそば店の独壇場ではなくなりました。県内の駅弁業者は次々と姿を消していきました。

 そんな中、老舗として続けているのが松廼家です。松廼家の公式サイトには東北新幹線の写真とともに「駅弁発祥の地」という宣伝文句がうたわれています。

 ちなみに、駅弁発祥の地については、宇都宮以外にも、1883(明治16)年上野駅説や1877(明治10)年神戸駅説など、諸説あります。

1/2ページ

最終更新:7/16(日) 7:00
withnews