ここから本文です

弔いの舞、しめやか 浜松などで遠州大念仏

7/14(金) 7:39配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 浜松市指定無形民俗文化財の盆行事「遠州大念仏」が13日夜、同市や磐田市などで披露された。太鼓やかねの音が物静かに響き、遺族や地元住民が県西部の夏の風物詩に感じ入った。

 浜松市浜北区の小林下組(生熊伸次組頭)は小学5年生から70代までの約30人がかさに装束、足袋の格好で区内を回った。笛やかねを鳴らし、はやしに合わせて踊りながら太鼓をたたいて故人を弔った。

 犀ケ崖資料館(同市中区)によると、遠州大念仏に取り組む保存会は約70組。このうち2組が披露する同所の恒例行事は15日午後7時から開かれる。

静岡新聞社