ここから本文です

中継 豪雨被災 暑さに厳重警戒 3連休を前に 土ぼこり舞うなかボランティア 

7/14(金) 12:03配信

TNCテレビ西日本

テレビ西日本

14日の福岡県内は猛暑日となる予報もあり、豪雨の被災地でも熱中症などへの注意が必要です。

朝倉市から中継です。

【記者】
朝倉市の杷木寒水地区に来ています。

14日も朝から気温が上がり、強い日差しに加えて復旧作業にあたる車など交通量も多いため、土ぼこりが舞い上がっています。

こちらは、杷木地区のボランティアの拠点となっていて、窓口では十分に水分を取ることや、こまめに休息を取りながら作業にあたるよう、呼びかけています。

ボランティアの方に話を伺うと、「土ぼこりを防ぐマスクを付けているが暑さで苦しい、休憩は10分おきぐらいに取っている」ということでした。

14日の朝倉市の最高気温は34度の予想で、13日に続いて高温注意情報も出ています。

15日からは3連休でボランティアの数も増えるとみられますが、熱中症の恐れが高くなっていますので、厳重な注意が必要です。

テレビ西日本

最終更新:7/14(金) 12:03
TNCテレビ西日本