ここから本文です

ロイ・ハーグローヴ率いるRHファクター、東京・名古屋で単独公演決定

7/14(金) 17:52配信

CDジャーナル

 トランペッターのロイ・ハーグローヴ(Roy Hargrove)率いるジャズ、ヒップホップ、ネオソウルを縦断するプロジェクト、RHファクターの来日が決定。9月23日(土)神奈川・横浜 赤レンガ倉庫特設ステージにて開催される〈Blue Note JAZZ FESTIVAL in JAPAN 2017〉に出演するほか、9月25日(月)愛知・名古屋 BLUE NOTE、9月27日(水)から29日(金)までの3日間、東京・南青山 BLUE NOTE TOKYOにて単独公演を開催します。

 リーダーのロイ・ハーグローヴは米テキサス州出身。1990年にメジャー・デビューを果たし、ハービー・ハンコックやジョシュア・レッドマンらジャズ界のトップ・アーティストと共演する一方、ディアンジェロ『ヴードゥー』、エリカ・バドゥ『ママズ・ガン』、コモン『ライク・ウォーター・フォー・チョコレート』などの名盤にも貢献。RHファクターは2003年に発足し、これまでリミックスを含む3作品を発表。今回のステージには、スナーキー・パピーでも活動するボビー・スパークスやジェイソン“JT”トーマスら、最新のラインナップで登場します。

 座席の予約は名古屋公演が7月31日(月)、東京公演はJam Session会員が7月27日(木)、一般Web先行が8月3日(木)、一般電話予約が8月6日(日)よりそれぞれ受付開始となります。詳しくはBLUE NOTE TOKYOのオフィシャル・サイトでご確認ください。

最終更新:7/14(金) 17:52
CDジャーナル