ここから本文です

<林原めぐみ>「ロケット団」ムサシ役20年「時が止まっていると思うぐらい」

7/14(金) 14:34配信

まんたんウェブ

 人気アニメ「ポケットモンスター」に登場する悪の組織「ロケット団」のムサシ役を20年間担当している声優・林原めぐみさんが東京都内で開かれた同アニメの第1話デジタルリマスター上映会後の取材に応じた。「20年間の時を感じるか」という質問に林原さんは「あそこが痛い、台本が見にくくなったという物理的な話題は、ロケット団以外でもちょいちょいと飛び交う」と話して周囲を笑わせたあと、「とはいえ(アフレコを)やっちゃうと忘れちゃう。20年は体感できない。時が止まっていると思うぐらい」と実感がない様子だった。

【写真特集】頑張れニャースの気球! あと少しで浮きそう…

 「ロケット団」のコジロウ役の三木眞一郎さん、ニャース役の犬山イヌコさんも取材に応じた。三木さんは「20年間はあっという間で、(ロケット団の)彼らと付き合えたことがとてもうれしいし、ありがたい。スタジオでロケット団でいられるのが楽しいし、幸せ」と言い、犬山さんは「(他の人から)言われて20年と思う」と話した。

 ロケット団の出番が少ない劇場版アニメについて、林原さんは「いつもちょびっとだよね。劇場版は大きな悪が出てくると、小悪は必要とされない」とジョーク交じりに語り、犬山さんは「劇場版といっても(ロケット団は)何一つ特別なことはしてない」、三木さんも「居住まいが変わらない。ロケット団は『悪い人』と言っている割にはポケモンへの愛情はすごいからね」と話していた。

 今後の目標について、犬山さんは「ロケット団がメインの短編劇場版アニメをぜひやりたい」と意気込み、三木さんは「結構言ってるんだけどね」、林原さんは「皆さんも声を上げてほしい」と口をそろえて、ロケット団の存在をアピールしていた。劇場版アニメの新作「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」(湯山邦彦監督)は15日に公開。

最終更新:7/14(金) 14:34
まんたんウェブ