ここから本文です

九州豪雨 大分・日田の自衛隊撤収

7/14(金) 7:55配信

産経新聞

 陸上自衛隊は13日、大分県日田市での捜索活動が終了し、孤立地域も解消したことから、同市からの撤収を始めた。福岡県の朝倉市と東峰村での活動は続いている。

 大分県内では最大457人態勢で活動した。日田市では12日、豪雨災害で唯一残っていた2地区の孤立状態が解消し、ヘリコプターによる支援物資の輸送の必要がなくなった。市の要請を受けて、県が陸自に撤収を求めた。

最終更新:7/14(金) 7:55
産経新聞