ここから本文です

【P1速報】マクラーレン・ホンダは2台トップ10、地元で好発進/F1第10戦イギリスGPフリー走行1回目

7/14(金) 19:08配信

TopNews

14日(金)、F1第10戦イギリスGPがシルバーストーンで開幕し、フリー走行1回目が行われた。

●【動画】「F1ライブ・ロンドン」大規模なF1イベント開催/3分ハイライト映像

トップは前戦F1オーストリアGPで2勝目を飾ったバルテリ・ボッタス(メルセデス)。2番手はルイス・ハミルトン(メルセデス)で、メルセデス勢が頭一つ抜けている。3番手はマックス・フェルスタッペン(レッドブル)、4番手はダニエル・リカルド(レッドブル)で、レッドブル勢はボッタスから1秒以内につけた。

メルセデスとチャンピオンシップを争うフェラーリは、ボッタスから1秒遅れの5番手はキミ・ライコネン(フェラーリ)、同じく1.4秒遅れの6番手はセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)で、フェラーリ勢はやや離された印象だ。

まだ各チームともプログラムを進めている段階とはいえ、メルセデスは中間のソフトタイヤ(イエロー)を使用、フェラーリは最も軟らかいスーパーソフトタイヤ(レッド)を主に使用しており、このタイム差は気になるところだ。

マクラーレン・ホンダは、フェルナンド・アロンソが8番手、ストフェル・バンドーンは10番手で、いずれもボッタスから2秒以内というところにつけている。

詳細レポートは後ほど。

最終更新:7/14(金) 19:08
TopNews